HOME>注目記事>水害の危険に備えて!土のう袋を用意しよう!

土のう袋を活用しよう

土のう袋を知っていますか?土のう袋は、袋の中に土が入っている物ですが、皆さん一度は見たことがある事と思います。日本は世界的に見ても水害が多く、土のう袋の備えもより必要なのです。しかし、袋を用意し、その袋に土を入れる作業を行うのは、とても時間と労力のいる作業になります。近年は、より様々な用途にあった土のう袋が用意されていますので、この際に、災害対策として購入してみるのはいかがでしょうか。

土のう袋に関する質問

簡単に使える土のう袋はありますか?

従来の土のう袋とは違い、簡単に使える土のう袋も出てきています。それが、水に入れる事で膨らむタイプの土のう袋です。備えやすく、人気となっています。

膨張するタイプは、再利用出来ますか?

膨張するタイプの土のう袋は、河川の水等に含まれている不純物などの影響によりポリマーが劣化してしまうので、基本は使い捨てです。

廃棄は出来ますか?

土のう袋は、乾燥させた後に燃えるゴミとして廃棄する事が出来ます。しかし、水分を含んでいる場合は、産業廃棄物の扱いになってしまう為、注意して下さい。

用途に合わせて選ぼう。

土嚢袋

土のう袋は建築現場や災害時に水が入ってこないようするなど、様々な用途があります。用途によって購入する種類も変わってきます。短期的に使用する場合は、使いきりの安価な物でも十分役に立ちます。しかし安価な物は長期的に使用する建築現場などには向きません。建築現場では耐久性があり、長期間使用する事ができる土のう袋を購入する必要があります。耐久年数は1年間までの商品から、5年間までの商品と、様々な種類があります。このため、使用する期間によって購入する物を合わせる必要があります。

仕組みと材質の説明

土嚢袋

土のう袋の材料は麻やポリエチレンなどが挙げられます。現在、主流となっている材料は、耐久性に優れ、品質にムラが出にくいポリエチレンです。麻で作られた土のう袋も取り扱っているホームセンターや通販なども存在しているので、麻の土のう袋を購入する事も可能です。

耐久性は価格で変わる。

土嚢袋

土のう袋は安価な物から、高価な物まであります。基本的に安価な土のう袋は、耐久性が低く、長期間の使用が困難であることが現実です。一方で、耐久性が高く、長期間使用できる商品ほど、価格が上がります。特に、紫外線劣化防腐剤を塗布した土のう袋は紫外線による劣化がしにくく、長期間使用するのに向いています。この土のう袋の価格も耐久年数によって変わり、耐久性に優れた土のう袋は、袋の色が黒い商品の場合が多いです。

広告募集中